オフロードの基本的な走行テクニック学ぶ バイクスクールに40人が参加

カンセキ presents 2017宇都宮シクロクロスシリーズ バイクスクールが10月8日、宇都宮市森林公園特設コースで開催され、約40人の小学生がオフロードコースの基本的な走行テクニックを学びました。
未就学児を含む小学3年生以下、小学4~6年生、の2クラスで行われ、栃木県マウンテンバイク協会公認インストラクターが講師を務めました。
参加した子どもたちは思い通りの場所で止まるなどのブレーキの使い方や、基本的なテクニックを教えてもらいながら「立ち乗り」や坂や丸太などの障害物を超えるなど、普段乗りなれないオフロードのコースに苦戦しながらも楽しんでいました。
      

      


同会場で午後1時からはタイムトライアルを開催し、小学3年生以下、小学4~6年生、中学生以上の一般男子、一般女子の4カテゴリーに分かれて、タイムを競いました。普段走る舗装路とは違い、オフロードのカーブの多いコースに苦戦しながらも何度も挑戦し参加した小学生たちは走るたびにタイムが更新され、自己タイムを更新すること楽しんでいました。
各カテゴリー上位3名はステージ上で表彰され、賞品としてジャパンカップグッズが渡されました。