10月6日バイクスクール開催しました。

宇都宮市森林公園駐車場(宇都宮市福岡町)の特設会場で10月6日(土)、「カンセキpresents 2018宇都宮シクロクロス バイクスクール」を開催しました。

スクールは、ジャパンカップサイクルフェスタ試乗会に併せて開催。小学3年生以下の部に17人、小学4~6年生の部に2人が参加し、講師は栃木県マウンテンバイク協会公認インストラクターが務めました。

特設会場に丸太や木製のスロープを設置。参加者は、マウンテンバイクの基本的フォームである肘や膝をやわらかく使い前方を見ながら走行することを学びました。その後、公園内の林間コースを走行。林道の坂道やむき出しになった木の根に苦戦しながらも、講師のアドバイスに耳を傾け、練習に励んでいました。

小学3年生以下の講座に参加した宇都宮市の小学1年大道穂希さん(6歳)は、「木の根にぶつかったりして怖かったけど、ためになりました」とにっこり。講師を務めた同協会の苗木保之さんは、「これからもマウンテンバイクを楽しく、遊び感覚で上手になってほしい」と参加者に呼び掛けていました。